旧「まねきねま」が俳優のたまご応援ブログとして新装オープンしました!

加湿器の種類別メリット・デメリットについて~【インテリア性重視】オススメ加湿器もご紹介!

加湿器の種類別のメリット・デメリットを知りたい方へ

加湿器にはいろいろ種類があるみたいだけど、種類別のメリット・デメリットが知りたいな…
私はインテリアとしても、オシャレな加湿器があれば教えて欲しいわ…

この記事では、上記のような悩みにお答えします。

【スポンサーリンク】
目次

加湿器の種類について

加湿器の種類別メリット・デメリットの前に、加湿器の種類にはどんなものがあるか見ておきましょう。

加湿器の種類は加湿方法によって4つあります。

  1. スチーム式・・・やかんでお湯を沸かして加湿する感じ
  2. 気化式・・・洗濯物を部屋干しすると部屋の中の湿度が上がりますよね、そんな感じ
  3. 超音波式・・・まさに霧吹き!!
  4. ハイブリッド式・・・上記3タイプのうち2タイプを組み合わせたもの(スチーム式+気化式、スチーム式+超音波式)
※私は俳優という仕事柄、冬場の乾燥は大敵で、常に加湿には気を使ってきました。
おかげで我が家には3種類の加湿器があります。

通常のご家庭では、なかなか数種類の加湿器を試すことはないと思いますので、参考にしていただけると思います。
すべて忖度なし!私の実体験にのみ基づく感想・意見です。
では、種類別のメリット・デメリットを見ていきましょう。

スチーム式加湿器のメリット・デメリット

スチーム式加湿器のメリット

メリット①…加湿力が高い

スチーム式加湿器の最大のメリットは、その加湿力です。加湿器の大きさにもよりますが、同じ大きさなら間違いなく加湿力が一番高いです。

スチーム式加湿器はやかんでお湯を沸かして加湿するようなもの。

例えば料理でお湯を沸かしたりすると、あっという間に部屋の湿度が上がりますよね。冬場の鍋料理などは分かりやすいでしょうか。

そんな感じです。

メリット②…衛生的

スチーム式加湿器は水を沸騰させて加湿するので、たとえ水にカビなどの雑菌が含まれていても、それらがばら撒かれることはなく、他の方式に比べて衛生的であると言えるでしょう。

メリット③…手入れがラク

メリット②とも関連しますが、加湿方法が衛生的なぶん、お手入れも他の方式に比べてラクだと言えます。

もちろん、まったく手入れ不要という訳ではありませんのでご注意を。

メリット④…暖かい

スチーム式加湿器は温かい水蒸気で加湿するので、使用中に部屋の温度は下がりません。場合によっては室温は上がり、体感的に使用中は暖かく感じます。

他の方式では部屋の温度が下がったり、寒く感じることがあるので、おもに加湿器を使う冬場では、スチーム式の暖かさはありがたいです。

スチーム式加湿器のデメリット

デメリット①…電気代が高い

スチーム式加湿器の一番のデメリットは、他の方式に比べて電気代が高いということです。

機種にもよりますが、1時間あたり5円前後です。

もっとも安い気化式だと1時間あたりおよそ0.3円くらいですから、およそ10倍以上の違いがあります。

デメリット②…置き場所に注意が必要

スチーム式加湿器はお湯を沸騰させるので、倒してしまったりすると、ヤケドの危険があります。特に小さなお子さんのいるご家庭では注意が必要です。

基本的には、コードはマグネット式で本体からすぐに外れるような仕組みになっていますが、テーブルの上など高いところでの使用は危険なので避けたほうがいいでしょう。

デメリット③…デザイン性では種類が少ない

スチーム式加湿器は、お湯を沸かさなくてはならないという特性上、シンプルな形のものが主流で、あまり変わったデザイン・形状のものは少ないです。

以上まとめると

⚪メリット
①加湿力が高い
②衛生的
③手入れがラク
④暖かい

✖デメリット

①電気代が高い
②置き場所に注意が必要
③デザイン性では種類が少ない

気化式加湿器のメリット・デメリット

気化式加湿器のメリット

メリット①…電気代が安い

気化式加湿器の最大の魅力は、なんと言っても電気代が安いということ。

電気はファンを回すのに使うくらいなので、スチーム式と比べるとおよそ10分の1程度です。

冬場は寝てるときもずっとつけっぱなし、というご家庭も少なくないかもしれません。

電気代が安いのはやはり魅力ですね。

メリット②…安全

スチーム式のようにお湯を沸かすわけではないので、万が一倒してしまってもヤケドなどの心配はありません。

気化式加湿器のデメリット

デメリット①…大きさ

気化式の原理は、洗濯物を部屋干しすると部屋が加湿されるようなもの。

当然、早く効率よく加湿するには、洗濯物は多いほうがいいわけです。

よって、気化式加湿器は大きめのものが多いのが特徴です。

デメリット②…音

デメリット①とも共通しますが、洗濯物を早く効率的に乾かす(=部屋を加湿する)には、扇風機などで風を当てますよね。

風を強く当てようとすれば、当然扇風機の音もうるさくなります。

同様に、気化式加湿器も、加湿力をあげようとすれば、内部のファンの音はうるさくなります

大体の機種では静音モードなども装備されていますが、その場合、加湿力は下がります。

デメリット③…お手入れ必須

洗濯物も、濡れたままにしていると、カビが生えたり、雑菌が繁殖して嫌な匂いが発生したりしますよね。

同様に、気化式加湿器も、水を含ませるフィルターの定期的なお手入れが必要となります。

手入れを怠ると、カビが生えたフィルターに風を当てて、部屋中に雑菌をばらまくことになってしまいます。

またフィルターは使っているとだんだんと固くなり、水を吸わなくなってしまうので、定期的な交換が必要です。

まとめると

⚪メリット
①電気代が安い
②安全

✖デメリット

①大きい
②音
③お手入れ必須

超音波式加湿器のメリット・デメリット

超音波式加湿器のメリット

メリット①…デザイン性が高い

超音波式加湿器で、私がもっとも惹かれたのは、デザイン性の高さです。

加湿器は機能も大切ですが、部屋のインテリアとしても意外と目立ちます。

ちょっと素敵なデザインの加湿器が置いてあれば、それだけでオシャレなお部屋を演出できます。

私の場合、形がちょっと素敵だな、と思うものは、ほとんどが超音波式でした。

メリット②…卓上でも安全

気化式同様、こちらもお湯を沸かしたりするわけではないので、万が一倒してもヤケドなどの心配はありません。

気化式は大きいものが多いので、そもそもあまり卓上で使うこともありませんが、超音波式は大小様々な形のものがあります。

もし卓上で使うならば、超音波式一択になるでしょう。

メリット③…コスパ良し

気化式ほどではありませんが、スチーム式に比べると電気代は半分くらいです。

また、加湿器本体のお値段も、安価なものから高価なものまで、種類が豊富にあります。

超音波式加湿器のデメリット

デメリット①…お手入れ必須

超音波式加湿器は、言うなれば巨大霧吹きみたいなもの。もしタンク内の水が汚れていたら、そのまま放出することになります。

タンク内の水を放置しないのはもちろん、本体のお手入れもこまめにする必要があります。

デメリット②…周りの床が濡れることも

超音波式加湿器は、ブワ~っとミストが放出されるので、見た目にはとても加湿されているように感じます。私も実際使う前は、超音波式が一番加湿力があると思っていました。

しかし、霧吹きから出ているのが水蒸気でないのと同様、超音波式加湿器から出ているのも、水蒸気ではありません

あくまでも細かい霧状の水です。蒸発して空気に取り込まれなければ、空気中の湿度は上がりません。

それどころか逆に、加湿器の周りが取り込まれなかった水で濡れてしまうこともあります。

私は寝室で一晩中超音波式加湿器をつけていて、床がびしょびしょに濡れてしまったことがあります。

デメリット③…壁が白くなる?

超音波式加湿器は、水に含まれるカルシウムで、壁や床などが白くなることがあると言われます。

でも、私が使っている加湿器では、そのようなことはありませんので、必ずそうなるということではなく、機種や、使用状況にもよると思われます。

以上まとめると

⚪メリット
①デザイン性が高い
②卓上でも安全
③コスパ良し

✖デメリット
①お手入れ必須
②周りの床が濡れることも?
③壁が白くなることも?

ハイブリッド式加湿器のメリット・デメリット

ハイブリッド式加湿器は、私自身は実際に使ったことがないので詳しい使用感は分かりませんが、調べた範囲では、要はスチーム式、気化式、超音波式の良いとこ取りのようです。

ハイブリッド式には【スチーム式+気化式】【スチーム式+超音波式】があり、それぞれのメリット、デメリットを引き継ぐようです。

どちらにしてもハイブリッドの一番の魅力は、スチーム式の加湿力を使って一気に加湿し、ある程度加湿されたら、電気代の安い気化式、超音波式で部屋の湿度を保つということです。

【インテイリア性重視】オススメ加湿器をご紹介!

加湿器の種類別メリット・デメリットをふまえた上で、インテリア性を重視した、私のオススメする加湿器を3つご紹介します!

±0 プラスマイナスゼロスチーム式加湿器

アロマ超音波加湿器Sablier/サブリエ

気化式加湿器 バルミューダ レイン

【スポンサーリンク】
最新情報をチェックしよう!